キャプテン アランの物語

この物語はダマスカスでフランス委任統治領シリア時代昭和17年に起こります。
シリーズのタイトルは「ダマスク織」です。アラビア語で「بروكار」- 「ブルーカール」
フランスのキャプテンは、シリアの英雄、生え抜きの息子ハムシャリーとデリゾールからの若殿ガゼルの関心を呼びます。
シリーズの終わりに、アランは魔法にかけられて暗面に落ち、暗い原野のニンフに変わります。しかし、真の英雄は魔法にかけられた者を救う方法を知っています。
ダマスカス周辺地域には、岩間に隠された、伊豆半島への秘密の通路があります。
ハムシャリーはアランを初景滝の辺に追っかけました。
この風光明媚な土地に恨みが消し飛びました。